ホーム >  JAの概要

概要

JA三次は、平成3年4月1日「21世紀に翔びたつ農協づくり」を目指し、三次市と双三郡内(当時)の7JAが合併し発足しました。

管内総面積は71,345ヘクタール、管内人口約4万9千7百人(平成31年)。中国山地の麓に位置し、全体的に標高が高く、多くの河川が流れ出ています。三次市内で複数の河川が合流し、一級河川“江の川”となって日本海に流れ出ています。豊かな自然条件のもと、米、そ菜類、果樹・畜産など、多品目の農産物が生産されています。

また、管内を中国縦貫自動車道が縦断し、大阪・下関まで各250キロとほぼ東西の中間であるとともに、広島・米子・松江まで50~80キロと、地理的な条件にも恵まれているため、生産物は各方面に出荷されています。

しかしながら管内は全国的に見ても“過疎化”と“高齢化”が進行している地域です。当JAでは行政と連携しながら福祉事業にも力を入れ、“居宅介護支援事業”“通所介護事業”“訪問介護事業・定期巡回事業”を行っています。

地域住民から愛され、信頼されるJAをめざし、日々改革を実践しております。

『3S運動』の実施

JA三次では『3S運動』の実施を掲げ、職員はサービス精神を持ち、専門知識を磨き、迅速・正確をこころがけて仕事をすることとしています。

名称

三次農業協同組合

代表者

代表理事組合長   冨野井 利弘

冨野井 利弘

本店所在地

〒728-8503 広島県三次市十日市東三丁目1-1
TEL:0824-63-9913 FAX:0824-62-6733

事業内容

JAバンク(信用事業)、JA共済(共済事業)、営農販売事業、経済事業、福祉事業、生活文化事業

組合員数

正組合員 11,440人
准組合員 7,198人
合計 18,638人

(令和2年3月末)

主な事業量

出資金 18億2,906万円
貯金量 1,237億10万円
貸出金 200億4,822万円
購買品供給高 12億246万円
販売品取扱高 30億8,693万円
長期共済保有契約高 3,996億5,555万円

(令和2年3月末)

役職員数

役員28人、職員273人 (令和2年3月末)

店舗数

本店 1・支店 11(含第2支店)

ディスクロージャー(PDFファイル)

金融商品の勧誘方針について(PDFファイル)

個人情報保護方針について(PDFファイル)

利益相反管理方針について(PDFファイル)

マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針(PDFファイル)

内部統制システム基本方針(PDFファイル)

JAバンク利用者保護等管理方針について(PDFファイル)

苦情処理措置および紛争解決措置について(PDFファイル)

女性活躍推進法に基づく行動計画(PDFファイル)

お客さま本位の業務運営に関する取組方針(PDFファイル)

これらのPDFファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。
Adobe Readerのダウンロードはこちら。
Get Adobe Reader
このページの先頭へ